つくしの通販・お取り寄せ

通販でお得なつくしを探すならこちら!送料無料やセール中で安い食品や食材を多数取り揃えております。他にも「Webでごはん」では人気のお取り寄せグルメ・スイーツなどおすすめの商品を紹介しています。

スポンサードリンク

春になると、土手や道端などふとした場所で見かけることの多いつくし。そんな日本の春を代表する野草には、多くの栄養成分が含まれていることをご存じでしょうか。ふだん何気なく見ているつくしには、驚きの効果を持った栄養成分も含まれています。ここでは、つくしに含まれる栄養成分やおすすめの調理方法について見ていきましょう。

つくしはトクサ科の多年草で、正式名はスギナと言います。スギナは、栄養茎と胞子茎の2つに分かれているのが特徴です。そして、このうち胞子茎の方がつくしとして親しまれています。つくしには様々な栄養成分が含まれていますが、特にベータカロテンやビタミンEの含有量が多いのが特徴です。これらの栄養成分はアンチエイジングに効果的とされ、注目が集まっています。

ベータカロテンはカロテノイドと呼ばれる色素の一種で、植物に広く存在することが知られています。そして、人間の体内ではビタミンAに変換されることによって皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力の向上に役立つなどアンチエイジングの効果が期待できる優れものです。同じくビタミンAに変換されるレチノールと違って、ベータカロテンには食べ過ぎによる過剰症の心配がありません。一方、ビタミンEは脂溶性ビタミンの一つで、強い抗酸化作用を持つことが特徴です。ビタミンEが不足してしまうとシワやシミができやすくなるばかりか、動脈硬化にもつながるとされています。

青森県や秋田県など東北地方では、1月上旬に行事食として親しまれている七草がゆの具材として採用されています。灰汁が強いため、山野で採取した場合は沸騰したお湯を用いた灰汁抜きが欠かせません。ぜんまいは主に日本料理に用いられ、おひたしや醤油と出汁を使用した煮付け、和え物などが代表的なメニューです。また、朝鮮半島や中国など広域に渡って自生しているため、韓国料理のナムルや中華料理の炒め物にも用いられています。

つくし 土筆 180g 山形県産 /クール便

つくし 土筆 180g 山形県産/

購入ページへ
ツイート このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

HOMEお問い合わせ|© Webでごはん